クレジットカードを不正使用されてしまったら

クレジットカードを作るとき、利用するときにはこのようなこともあるんだ、といった感じで把握していて欲しいなと思うのですが「クレジットカードの不正使用」の可能性もある、ということです。
全くないとは言い切れません。
では、どのような場合に不正使用されてしまう可能性があるのかをご紹介していきたいと思います。
クレジットカードを正しく利用していても不正利用が起こってしまう可能性もあるんです。

「個人情報の漏洩」
インターネットでお買い物をすることも増えてきましたね。
ほとんどの方がインターネットでのお買い物を経験されているのではないでしょうか。
その際には、お買い物をするお店側に個人情報を渡すことになります。
名前や住所、電話番号などです。
そして、クレジットカード情報もそのひとつなのです。
インターネットでお買い物をする場合支払い方法もいくつかの中から選択することができますよね。
クレジットカードでの支払いは、手数料がかからないということから利用する方が多いようです。

この個人情報が第三者に漏洩してしまう可能性があるのです。
個人情報が第三者によって持ち出されてしまう場合やウイルスによるものもありますので注意しておく必要があるでしょう。
インターネットでのクレジットカードを使ったお買い物はとっても便利ではあるのですが不正使用されてしまう可能性もあるということを覚えておいて欲しいと思います。

「紛失、盗難」
クレジットカードを紛失してしまうことはとても危険なことですのでしっかり管理しておく必要があります。
しかし、紛失してしまう可能性もあるでしょう。
紛失してしまったクレジットカードを不正に利用されてしまう可能性がありますので紛失してしまった場合には、すぐにクレジットカードに連絡をし利用をストップしてもらうようにしましょう。
また、不正使用されてしまった場合は保険がききますので被害を保証してもらうことが可能です。
不正利用されてしまった場合はそのクレジットカードの利用は停められてしまいますし新しいクレジットカードを発行することになります。

Copyright (C) 自分に合った特典 All Rights Reserved.