カードの暗証番号、もしも忘れてしまったら?

クレジットカードでお買い物をするには暗証番号が必要ですよね。
支払いをする際に暗証番号を求められる場合があります。
暗証番号がその場でわからない場合はサインにすることもできるのですが完全に暗証番号を忘れてしまった場合、どのように対象すればよいのかご紹介しようと思います。
もし、クレジットカードの暗証番号を忘れてしまったときあなたならどうしますか?
クレジットカードの会社に電話をして問い合わせるという方も多いかもしれませんが決して暗証番号を教えてもらうことはできません。
クレジットカードの名義人であるご本人であっても教えてもらうことはできないのです。
クレジットカードの安全を保つためなのです。

もしも暗証番号を忘れてしまったら、暗礁暗号を再発行する必要があります。
書類に必要事項を記入し、郵送すればいいだけなのでとても簡単ではあるのですが再発行にはとても時間がかかってしまいます。
再発行が完了するまでは暗証番号を使ったクレジットカードの利用はできなくなってしまいますのでクレジットカードの暗証番号を忘れてしまわないように注意することが一番なのではないでしょうか。
暗証番号を忘れてしまっては困るからといって電話番号、生年月日などを暗証番号にしている方も多いようなのですがそれはとても危険であると言えます。
他人に推測されやすい番号だからです。
もし、クレジットカードを紛失してしまったとき他人によって不正利用されてしまう可能性がとても大きくなってしまいます。
自分だけが知っていて覚えやすい番号にするのが一番良いと思います。
ケータイ電話の中にメモをしているという方も多いようですね。

今は、ケータイ電話も暗証番号でロックできるようになっていますから便利ですよね。
ケータイ電話の暗証番号も誕生日や電話番号などの推測されやすいものは控えた方が良いですね。
クレジットカードの暗証番号を忘れてしまったときに「もしかしたらこれだったかな?」と何度も入力し、間違ってしまうこともあると思うのですが暗証番号が確実でない場合は、何度も入力をしてしまうのはやめた方が良いでしょう。
「盗難されたクレジットカードなのではないか?」と疑われてしまう可能性があるからです。
入力の回数にも制限がありますし、解除する手続きもとても面倒なので注意しましょう。

Copyright (C) 自分に合った特典 All Rights Reserved.