クレジットカードの種類

クレジットカードの種類は、日本国内だけでも数百種類はあるといわれています。
その中でもクレジットカードの分類の仕方は様々です。
・銀行系
・信販系
・流通系
・メーカー系などの分類に分けられるのですが上記で挙げた3つの系列にはそれぞれ、どのようなクレジットカードがあるのかご紹介したいと思います。
またおすすめのクレジットカードを比較したサイトも参考にしてください。

【銀行系のクレジットカード】
銀行系のクレジットカードというのは、銀行、または、銀行の子会社などが発行しているクレジットカードのことをいいます。
・ジェーシービー(JCB)
・シティカードジャパン(ダイナースクラブカード、シティカード)
・三菱UFJニコス(DC、NICOS、UFJ)
・三井住友カード(三井住友VISA)
・ユーシーカード(UC)
日本の銀行系のクレジットカードは、上記に挙げた大手5社があります。
クレジットカードをまだ利用したことのない方でも一度は、目にしたり耳にした名前ばかりなのではないでしょうか。
銀行系のクレジットカードは、1回払いが原則だったのですが1992年には、リビルビングシステムという分割返済の導入が認められました。

【信販系のクレジットカード】
信販系のクレジットカードというのは、信販会社が発行しているクレジットカードのことをいいます。
信販系のクレジットカードの特徴は、分割返済が認められているということです。
・オリエントコーポレーション(オリコ)
・アプラス
・ジャックス
・ライフ
・セディナ
などの信販系のクレジットカードがあります。

【流通系のクレジットカード】
百貨店やスーパー、専門店などの流通業者が自社グループ内での利用を目的として発行しているクレジットカードのことをいいます。
顧客を組織化することや固定化を図る手段なのです。
百貨店やスーパー、専門店などでクレジットカードの発行を勧められたことのある方も多いのではないでしょうか。

【クレジットカードの元祖】
クレジットカードの元祖だと言われているクレジットカードがあるのですがみなさんはご存知でしょうか。
それは「石油系のクレジットカード」です。
ガソリンスタンド用のクレジットカードとして発行されています。

Copyright (C) 自分に合った特典 All Rights Reserved.